このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


おしらせ
 ご  挨  拶
 本年は、諸般の事情により、勝手ながら営業出来ず、登山者の皆様には、大変ご迷惑をお掛け致しました。
 来年(2019年)は、営業再開に向けて鋭意努力致す所存ですので、仙人温泉小屋をご愛顧の程、宜しくお願い申しあげます。
 末筆ながら、阿曽原温泉小屋様・仙人池ヒュッテ様の登山道整備等のご援助、また各方面の方々のご援助に対し、深謝致します。
 平成30年10月11日 仙人小屋主 高橋重夫

◎皆さんが参加できる 仙人温泉Blog
仙人温泉Blogに投稿するのは、こちらのメールアドレスから御願いします。自動的に投稿掲載されます。内容によっては削除する場合があります。
トピックス(過去のトピックスはトピックスログをご覧下さい。)

仙人温泉トピックス

「2018年、小屋閉め時の仙人谷の紅葉」
(大西達也さん報告 2018年10月15日掲載)

 仙人谷の紅葉と今年最後の高橋さんの露天風呂写真です。


小屋のぞきからの仙人谷と仙人温泉小屋(10/6 11:20)


小屋のぞきからの仙人温泉小屋(10/6 11:22)


仙人谷と山並みの紅葉(10/6 11:22)


仙人谷と後立山(10/6 11:35)


高橋仙人を囲んで労をねぎらう。(10/6 12:38)


今年最後の入浴、高橋仙人(10/6 13:09)


仙人温泉からの後立山(10/6 14:44)

仙人温泉トピックス

「山小屋情報(小屋閉め)」
(小森武夫さん報告 2018年10月12日

PDFファイルでもご覧頂けます。

仙人温泉トピックス

「小屋の維持と登山道偵察9月22日〜24日」
(大西達也さん報告 2018年9月27日掲載)

 先週末からの三連休、仙人温泉小屋へ行って来ました。
心配していた台風の被害はありませんでした。
来月の小屋閉めは予定通り行えそうです。
雨降る中で12時41分頃に小屋覗きに到着、仙人谷の雪渓はすっかり無くなっていました。
23日の朝は気温10℃
小屋が傾いているので柱が斜めです。
24日の小屋覗きからは紅葉が始まっていました。
  

9月22日12:41、雨の仙人谷、小屋のぞきより


23日6:20、小屋が傾いているので柱が斜めです。


23日9:31、快晴です。


23日16:15、露天風呂、辺りはガスです。


23日16:47ガスが晴れてきました。


23日17:03、青空が見えてきました。


24日7:04、仙人谷には橋が掛けられています。


24日7:08


24日7:23 小屋のぞきから、山は色づいてきています。


24日7:24、仙人谷全景

仙人温泉トピックス

「山小屋情報(登山道情報)」
(小森武夫さん報告 2018年8月31日

PDFファイルでもご覧頂けます。








仙人温泉トピックス

「小屋の維持と登山道偵察8月21日〜23日」
(田中正祐紀さん報告 2018年8月27日掲載)

 8月21日から23日まで、小屋に行きました。
台風20号が来る前の好天を利用して、布団を干しました。
これで、小屋にある全ての布団が天日干しされました。
そして、お客様の茶碗、お椀、プレート、湯呑茶碗も全て洗いました。
ついでに、前回接近した台風で破損したBSアンテナ線を修理して、テレビが見れるようになりました。
なお、登山道の仙人谷雪渓の状況は、次の4枚の写真を参考にしてください。


仙人谷雪渓の渡渉点から上流側を見る。8/21


仙人谷雪渓の渡渉点(他にも渡れる所があります)8/21


仙人谷西側(仙人温泉小屋側)から見た仙人谷雪渓 8/23


雲切新道小屋覗きからの雪渓 8/23

8月17日掲載の大西さんのレポートと比較すると、10日間で崩落が進んでいます。

仙人温泉トピックス

「小屋の維持と登山道偵察8月11日〜14日」
(大西達也さん報告 2018年8月17日掲載)

 仙人温泉小屋へ11日から14日まで行って来ましたので報告させて貰います。
雪渓には渡渉ルート下流側に大きな穴が開き、今後上流側へ亀裂が入って分断されるのではないかと思います。

仙人谷西側(仙人温泉小屋側)から見た仙人谷雪渓
8/14日撮影


仙人谷雪渓東側の取り付き部分


仙人谷雪渓北側(下流側)から見た渡渉ルート


仙人谷雪渓東側のシュルンド


仙人谷東側(仙人ダム側)から見た仙人谷雪渓


雲切新道小屋覗きからの雪渓と仙人温泉小屋

以上14日の状況ですが、今後どのように割れるか予断を許せません登山者は十分な注意が必要です。

仙人温泉トピックス

「山小屋情報(登山道情報)」
(小森武夫 2018年8月3日掲載)

PDFファイルでもご覧頂けます。










仙人温泉トピックス

「小屋の維持と登山道偵察7月19日〜23日」
(田中正祐紀さん報告 2018年7月25日掲載)

 7月19日から23日まで、小屋に行きました。
連日の酷暑が続く下界から離れた仙人谷ですが、日中は強い日差しで暑くて、仕事になりません。
朝6時半から10時半までの4時間で、草刈りや布団干しをしました。
晴れ、晴れ、晴れの連続で、雨は一滴も降りませんでした。
そんな中でも、雪渓の冷気と朝晩の冷え込みに救われました

7/19 仙人谷雪渓の冷気 (14:54)


7/20 草刈り隊1 小森、谷 (6:19)


7/20 草刈り隊2 小森、田中 (6:19)


7/20 ヘリポート草刈り前


7/20 ヘリポート草刈り後


7/21 後立山の朝 (4:56)


7/21 露天風呂脇のニッコウキスゲ (4:57)


7/21 布団干し (6:46)

7月22日に仙人温泉から仙人池までの登山道を偵察しました。
今年は雨が少ないために、仙人谷の雪渓は残っています。
全行程の8割ほどが雪渓歩きでした。夏道が雪渓に隠れているところがあります。
特に注意する場所は、例年最後まで雪渓が残る場所(仙人温泉小屋から約600m上)です。
雪渓と雪渓がぶつかり合い、大きなデブリになっており、夏道が見えません。また、スノーブリッジとなっている箇所もあります。現在、デブリの乗り越えは可能ですが、今後は高巻きなど、ルートファインディングが要求されます。

7/22 仙人温泉から仙人池1、デブリ (7:13)


7/22 仙人温泉から仙人池2、巨大なスノーブリッジ (7:20)


7/22 仙人温泉から仙人池3 (7:44)


7/22 仙人温泉から仙人池4、のどの滝と小森さん。 (8:02)


7/22 仙人温泉から仙人池5、ヒュッテの水場付近 (8:18)


7/22 仙人温泉から仙人池6、仙人池 (8:44)


7/22 後立山の夕景 (19:14)

仙人温泉トピックス

「小屋の維持と登山道整備7月16日」
(大西達夫さん報告 2018年7月17日掲載)

  今日は原田さんと村上さんと3人で下山して来ました。
下界は酷暑厳しいですね。仙人谷は夜は寒いくらいで快適な気温です。
この連休は天気よすぎて日差し強く作業は思うように捗りませんでした。 しかし、雲切新道の小屋覗きまで草抜きとザレ場除去を重点的に頑張りました。
雲切新道はザレ場に浮石多く慎重な登山が必要ですが大きな崩落は見られません、仙人谷の雪渓は残っていますが一日約20〜30cmほど後退しています。
8月中頃までには雪渓無くなると予想しています。
小屋は本棟が若干傾き見られますが大きな損壊はありませんでした。

仙人温泉小屋からの携帯電話ですが 昨年通話できた所へ行ってもまったく繋がりませんでした。 スマホで最新情報を送ることは無理でありました。
スマホの4Gが駄目でガラ携帯の3Gがかろうじてアクセス出来ると思っております。

仙人ダム周辺ならばauのみ入ります。
小森さんは29か30日まで在中
明日から新人の谷さん上山、
田中さんが19日〜23日 私が来週か27日から上山予定です。また報告させて貰います。

小屋のぞきから遠望。6:16

小屋のぞきから小屋を望む。 6:16

仙人谷を横断する原田さん。5:46

小森さん、お別れです。 5:39

下山前のひと時。 5:20

仙人温泉トピックス

「パイプ設置、登山道整備 7月15日」
(大西達夫 2018年7月17日掲載)

7月15日の写真です。
日差し強い中で7時から16時まで無心に登山道整備 頭が朦朧としてくると雪解け水を被ります。

仙人谷の雪渓。 15:37

今日もすごい天気で頭がくらくら。8:07

登山道整備に精だします。 8:07

温泉パイプが噴出す。 7:14

仙人温泉トピックス

「登山道整備、他 7月14日」
(大西達夫 2018年7月17日掲載)

7月14日の写真です。
日差し強く昼からは作業を控えました。
情けないですがダウンです。


後立山の夕景。 19:06

すごい天気です。 9:59

パイプの修理をする小森さん。 7:29

今日も天気は良さそうです。 6:21

仙人温泉トピックス

「上山、仙人ダムから雲切新道7月13日」
(大西達夫 2018年7月17日掲載)


仙人温泉小屋到着です。16:43

雪渓はまだいっぱいです。

仙人谷雪渓を渡る。15:01

小屋のぞきから仙人温泉を望む。14:28

仙人峠に着きました。14:22

仙人ダムの原田さん。9:19

今仙人ダムに着きまして雲切から向かいます。
新着エッセイ
エッセイが届きましたので掲載します、エッセイコーナーにも掲載しました。(2017.04.20)

「Mちゃんのこと」
仙人温泉小屋スタッフ:大西達矢

仙人温泉小屋の食堂談話室奥には女性写真が飾ってあります。
それは8年前の夏、中央アルプス麦草岳頂上で撮ったMちゃんの写真だ
Mちゃんは仙人温泉小屋へは一度も来たことがない
いや、来たくても来れなかった。
この写真を撮って2ヶ月後に北アルプス北鎌尾根で落石に遭い滑落してしまった。
29歳だった。
優しい高橋さんが飾って下さった。・・・・・・・

全文を読む(エッセイにも掲載)


仙人温泉小屋について 
仙人温泉小屋は、秘境・黒部の中でも最も奥深い位置にある。阿曽原温泉から剣岳への北方稜線には阿曽原温泉小屋、仙人温泉小屋、仙人池ヒュッテ、池の平小屋、と4つの小屋があるがそのどれもが環境とともに個性豊かな山小屋と言わざるをえない。剣沢が喧騒の時期にも、この周辺に訪れる登山者の数は極端に少なく、静かな山旅を楽しむことができる。仙人池から1時間半下ると、仙人温泉の露天風呂が待っている。仙人ダムからだと3時間の登りとなる。
 仙人温泉小屋では欅平まで下山する登山者のために早朝4時から朝食を提供しており、大変ご好評をいただいております。 このコースを歩く方は入山3日目くらいで、ちょうど疲れがピークになる頃。しかもこの先の雲切新道は急な下りです。おいしい食事と温泉と睡眠で疲れをとって欅平まで安全に下山して下さい。
仙人温泉小屋概要
場所 富山県黒部市宇奈月町黒部奥山仙人谷に位置する。
電話

本年は、営業致しません。

営業期間
宿泊料金 平成30年は営業致しません。小屋の維持管理だけのためスタッフが出入りします。
テント場 ありません。(幕営禁止です)
入湯料金 平成30年は営業致しません。
アクセス方法 @★★宇奈月〜(黒部峡谷鉄道)〜欅平〜(下の廊下)〜阿曾原〜仙人ダム〜(雲切新道)〜仙人温泉小屋(朝一番に宇奈月駅を出発して、健脚で15時到着です。最も早いルート。)
 
A★宇奈月〜(黒部峡谷鉄道)〜欅平〜(下の廊下)〜阿曾原小屋泊〜仙人ダム〜(雲切新道)〜仙人温泉小屋(阿曽原に宿泊すれば余裕です。)

B★室堂〜剣沢の小屋泊〜(剣沢経由)〜真砂〜二股〜(仙人峠経由)〜仙人池〜仙人温泉小屋
 
C★★★室堂〜剣沢の小屋泊〜北方稜線、剣岳経由〜池の平小屋〜仙人池〜仙人温泉小屋
 
D★★黒四ダム〜(下の廊下)〜十字峡〜仙人ダム〜(雲切新道)〜仙人温泉小屋(朝一番の扇沢発トロリーバスで黒四ダムに出ます。健脚で16時到着です。)

E★★黒四ダム〜(下の廊下)〜内蔵助出合〜ハシゴ谷乗越〜真砂沢ロッジ泊〜二股〜仙人新道〜仙人峠〜仙人池〜仙人温泉小屋

F★★★馬場島〜早月小屋泊〜剣岳登頂〜北方稜線〜小窓〜池の平小屋〜仙人池〜仙人温泉小屋

(注、下の廊下、水平歩道の通過状況は、チーム阿曽原(阿曽原温泉小屋)が詳しく写真を掲載しています。ご参考になさって下さい。)


★は難易度を表します。
★:最も容易なルートです。
★★:健脚向きです。
★★★:岩稜歩きがあります。
 
連絡方法 本年は仙人温泉小屋の営業は致しません。
高橋重夫(経営者)自宅0429−22−9968(FAX兼用)
kurobenosennin@docomo.ne.jp(携帯メール
経営者の紹介 高橋重夫
〒359-1145 埼玉県所沢市山口1575-22
元新座山の会会員、クライマー、著書に「阿賀野川全水系」他渓流釣りの著書あり。
本職は設備工事業、縁あって2002年より仙人温泉小屋の経営を引き継ぐ。
小屋には 高橋重夫、私が居ます。このページの来訪者数です。

(合計_255,689 本日_30 昨日_169)