さらに時を遡って仙人が「魚止めのシゲ」と称された頃の釣誌をご覧ください。
掲載にあたって、「廣済堂出版」に掲載の許可を取ろうと電話したところ『すでに「別冊フィッシング編集部」はなく、廣済堂としては、当時の編集部員もいないため、著述者の許可があれば掲載して結構です。』
との返事をいただいたためそのままデジブック版の形で掲載いたします。

「平成の渓流師たち」 (廣済堂出版別冊フィッシング第13号から 2012年11月12日掲載)

魚止めのシゲ
  仙人著述の同じく廣済堂出版から阿賀野川全水系があるが、これは分厚く、しかも仙人が一人で著しているが、HPでの掲載は無理がある。ましてや廣済堂出版がこの分野から手を引いてしまったため再版の望みはなく、入手困難かもしれない。

戻る